2018年10月28日

『青春ラヂオライブ2018』 簡易レポ

kyat official Website 『青春ラヂオLive2018』 にて
オークション総額、kyatさんのセットリスト、
写真等、UPされてます。

簡易レポ、UPしました。
間違いなどございましたらご指摘ください。


本日の 『青春ラヂオライブ2018』 にご出演された皆様、
ご参加された皆様、お疲れ様でした。
個人的には、懐かしい歌やお話をたくさん聴かせていただき、
感無量でした。



青春部三木部長さんとめぐ姉さんが初めに
『青春ラヂオ』 についてお話をされました。
ライブは9回目で、10回目に期待が膨らみます。
部長さんとほーちんさんが、「面白いことをしましょう」
と言うことから始まりました。
ほーちんさんは、お酒が飲めなかったのですが、
酒豪の部長さんに乗せられて、一晩で飲めるようになったそうです。

昨年、泉見さんと並木さんがたまたまお会いした時、
「またやりたいね」 と言う話になりましたが、
皆さんの予定が合わず、今日になったとのことでした。



トップバッターは 児玉マリさん
4曲歌われました。
ピアノはちなみんさん、パーカションはくまちゃんさん。
鈴を転がすような透き通る美しい歌声に魅了されました。
『anvers(アンヴェール)』 と言う名のユニットで
音楽活動をされていましたが、パートナーの片岡さんが 
「読めない」 と仰ったので、
『pepesh (ペペッシュ)』 に変更されてます。
青春ラヂオでは、恋バナやお花のコーナーがありました。
その後、7年間で変わったことは、独立してお花屋さんになったことと、
二児の母になったこと。
『anvers(アンヴェール)』 はフランス語で、大すきな言葉なので、
お花屋さんの名前にしたそうです。
二児の母とは思えないほど、以前より更にお綺麗になってらっしゃいました。

部長さんとのフリートークでは、
当時、彼女がいなかったけれど、結婚して、
今は寒くなったと嘆く部長さんに
 「奥様に優しくして」 とアドバイスをされましたが
どうしていいのか戸惑う部長さん。

 「お花を贈りましょうよ! 一番近いのはクリスマス」
 「バラ100本とか?」
 「いえいえ、そんなのダメです。 5本くらいでいいです」

部長さんが一番嬉しかった思い出は、
リスナーの皆さんが贈ってくれたチョコレートだそうです。



続いて kyatさん
ギターは大将さん、カホン(パーカッション)はあんりさん。
 「kyat、初めての方~? あれ、いらっしゃらない!
  kyatは、とても重~いテーマの曲を歌ってます」
殺処分を待つ保健所の犬や猫、震災の悲しい映像などをバックに
命や自然の尊さを訴える歌を4曲歌われました。
重いテーマではありますが、洋子さんの歌声は力強く、
とても合っていると思います。
ライブの告知やオークションのお品の紹介などをされ、
もう販売していないほーちんさんのレアなCDもあるそうです。

*ほーちんさんとめぐ姉さんともうひとりのボーカルの女性と
 3人の名前の頭文字を取って 『kyat』 となり、
 メンバーの入れ替えや休止時期を乗り越え、
 ほーちんさんの強い遺志を受け継がれてます。



次は 泉見洋平さん
『やりたいこと』 のテーマソングなど4曲歌われました。

 「中身は、皆さんと同じように平等に年を重ねて来たので
  座らせていただきます」

変わらず、王子様のような方ですが、少しお疲れのご様子を見せ、
会場は笑いに包まれました。
有名なミュージカルや舞台にご出演されている中、
収録は夜中になることが多く、終わってブースから出ると
他のみんなが忘年会で盛り上がっていたこともあり、
青春ラヂオの8年間は、過酷な収録だったそうです。

部長さんとのトークは、健康や若さのこと。
イケメン揃いの舞台出演依頼が来た! と思ったら
年寄り枠ばかりになって来た、とお嘆きでした。
いただいたフライヤーの中にその舞台もありました。



そして次は 木内さん
赤いハートが2段並んだ黒い胸ポケットが付いた茶色のTシャツ、
黒いスニーカー、朝ナニ十発目の時の黒い短パンで、
細いゴールドのネックレスを付けてらっしゃいました。

 「こんばんは、木内です」

ハーモニカをちょっと吹いて、すぐ置き、

 「息を整えてからって言ったんだっけ。
  母さんとご飯を食べてから、15分前に来ました」

最初の曲は 『キンモクセイ』

 「僕が作詞、めぐ姉が作曲をした 『きんもくせい』
  と言う曲があって、11月5日命日のライブでアルバムを
  ほぼ、ほぼほぼ全部歌わせて貰いますので、
  その時、この歌の話をしますので、是非来てください。
  いつか曲にしたいと思っていました。
  『キンモクセイ』 と言う曲が入るとは思ってなかった。
  僕の中では、『きんもくせい』 はひらがななんです。
  小学校の時、学校にあった木にひらがなでふりがなが
  ふってあったので。
  ほーちんは、カタカナなんですね。」

2曲目 『きんもくせい』

 「ひらきんでした。
  さて、青春ラヂオで 『秀兄ぃの ほな、いくで!!』
  と言う番組を8年やってました。
  今は、パトロール? があって、どうやって首取ってやろうかって
  言う人ばかりじゃないですか。 怖いよね。
  昨日、同窓会があって、30年振りで会う人とか、
  30歳から行ってなかったので、久しぶりにみんなに会えました。
  同窓会じゃなくて、クラス会かな。
  校庭にみんないる訳さ。
  僕はタクシーに乗って、みんなが集まっているところに行ったの。
  用務員さんみたいな人がいて、案内してくれるのかと思って
  よろしくお願いしますって言ったら、同級生だった!」

同窓会に集まるのは、男ばっかりだよね、と
大将さんに話を振りますが、半々くらいだと仰っていて
驚いてらっしゃいました。

 「お前、昔こうだったよな、とか言われるのが嫌。
  卒業して東京に行ったので(話題が)昔のことしかない。
  同窓会に行きたくなかった。
  すんげー、楽しかったけど。
  みんなのことが見られないの。
  こいつらと同い年だと思うとぞっとして、
  福山雅治と同い年だと思って来た。
  自己紹介で、病気の話とかするんだよ。
  やめろー!! って叫んだ。
  みんなの職業を聞くと、成るべくして成ってんだよ。
  彼女に振られて、青いバッチ(雑誌の通販ラッキーアイテム)
  買ったって延々と話続けてた奴は、堅物で自衛官になってた。
  変わったところを生かしてる。
  俺の職業を知らなかった奴らが吃驚して、一斉にWiki見て
  これ見てたー! とか言ってて面白かった」

3曲目 『これもラブソング』

 「さっき、いきなり歌いそうになった」

ハーモニカをちょっと吹いてやめたのは、そう言うことでした。
ご飯を食べて大急ぎで来たので、おでこに汗をかいていて、
Tシャツにも汗が滲んで来てました。

部長さんが登場され、フリートーク。

 「オークションにほないくエコバッグが出品されていて驚いた」 部長さん
 「ええやん? おかんが使うてる。
  裏返せ! って、言ってるんだけど。
  バッグはみんな裏返して使うてるんだよ。
  昔から..... うーん..... 不思議ちゃん。
  難 し い よ お ぉ ぉ ぉ ---!!
  天然? かな?
  テレビ見てて、あの左の人って言うと
 『どっちの左? こっちから見て? あの人から見て?』
  こっちから見てに決まってるやんかーー!!」
 「頭がいいのでは?」 部長さん
 「左言うたら右行くし、右言うたら左行くし」
 「どうやって右左を教えて貰ったんでしょう?」
 「おかんに教えて貰った覚えがない。 多分、おやじに教えて貰った」
 「ほないくをラジオ大阪でやってた時のお芝居、
  面白かったですよね」 部長さん
 「そうそう! スケジュールをぬっての収録で、
  午前中収録、午後稽古で、ぎゅっ! ぎゅっ! っと
  ゴミになるまで圧力掛けて来るんです、演出家さん。
  怖くて!
  役に入り込むので、みんなのメールを読んでも笑えなくて
  一回止めたことがあって、本当に大変だった~!
  木内でした! ありがとうございました!
  さて次は、真打ち登場です」
    
トリは のんたんこと 並木のり子さん

キャンディのようなふわふわコートで元気に登場され、
ご出演されて来た、懐かしいアニメ主題歌のメドレーを
6曲(?)ご披露されました。
ドラゴンリーグ→赤ずきんチャチャ→ナースエンジェルりりかSOS→
水色時代→ケロケオロちゃいむ→マクロス (多分)

『のりこんで濃い・恋・来い!』 のタイトルコールをみんなで。
青春ラヂオは、人の繋がりで出来た番組なので思い出深いと
しみじみとお話されました。
木内さんを 「ラジオやらない?」 と誘ってくださったのはのんたん。

2曲目の 『Memorial』 は、木内さんの作曲。
10年ほど前、のんたんが弟さんの結婚のお祝いに描いた詩に
木内さんが曲を描いてくださいました。
木内さんとのデュエットでお披露目されましたが、
CDにはほーちんさんがコーラスをされ、
今日は、ほーちんさんバージョンです。
3曲目の 『Peace』 は、のんたんの合図で、
手で輪を作ったり、左右に振ったりして楽しい1曲になりました。

オークション受付終了時間となり、出演者の皆さんが
ステージに上がりフリートーク。

 「並木と俺だけ短パン、青春ラヂオっぽいな。
  マリちゃんとはいつ振り? お花屋さんはまだやってんの?」

木内さんは、部長さんとの話を聞いてなかったので、
お花の話がまた少しありました。

 「青春ラヂオって、誰がつけた?」
 「あ、僕です。 今頃disられる?」 部長さん
 「おやじの葬式の時、『青春ラヂオ』 の花、嫌だったよ」
 「すぐ座る!」

椅子があったので、ちょっと座ってしまった木内さん。
もう一つの椅子に座ることを勧められた泉見さん。

 「いやいや、大丈夫です。 でも電車で座る率、高くなりました」
 「僕は、あんまり座らないですけど。
  優先席って、どかんね。 おかんと乗って、前に立って
  誰がどいてくれるんですかって顔する。
  何で空けてくれないんだろう?
  がらんとしている時は、座ることもあるよ。
  お年寄りとか乗って来たらすぐどこうと気を付けてます」

仕草からお母様と乗る時は、手を引いて乗ってらっしゃるようでした。

 「電車のトラブル多いよね、木内さん」 部長さん

え? と目を丸くする木内さん。
喧嘩するようなことはないですが、
そう言うお話しは確かに良くお聞きしました。

 「自転車で、赤ちゃん前にだっこ紐して、後ろに子供や荷物乗せて
  電動自転車でビューーー!! 行くんだよね。 あれも怖い」

楽屋でのお喋りがうるさかったと洋子さんからのご指摘。

 「関西人の悪口言ってた。 俺が。
  どうやって笑いを取ってやろうかって奴ばっかり。
  その中で育った。 けど俺は、マイルド。
  洋子は、いつ入って来た?」
 「2009年」
 「西暦で言う奴いるよねー」

西暦派が多分圧倒的に多いので、木内さんは非難されました。
いつ、どこでライブをしたか、と記憶をみんなで辿ります。

 「どこだったかな? シャボン玉やった時。 三田?」 洋子さん
 「マリちゃんが 『ムーンリバー』 歌ったよね?」 木内さん
 「はっ! 歌った! うん! 良く覚えてるね!」 マリさん

木内さんが少しドヤ顔を見せたところで、
オークションの結果が発表になりました。
木内さんの出品は、木内さんのファンの方が落札されていたようです。
のんたんや部長さんは、アギーさんがほとんど落札。
のんたんが、アギーさんとチャッピーに
「懐かしい!」 と大興奮していた姿が可愛かったです。

最後の曲は 『青春の時間(とき)』

 *のんたんが、万感の思いを込めて作詞されて、
  ほーちんさんが作曲されたと記憶してます

ライブの最後には会場がひとつになって歌っていました。
懐かしさに包まれ、穏やかに終演しました。


終演後、木内さんはオークションの出品物にサインをしてくださいました。
CDやステッカーの販売や募金もあり、終了してから
木内さんを囲んでお話し出来る時間がありました。

 「青春ラヂオと言えばこうだよね!」

と嬉しそうで、こちらも嬉しくなって、
木内さんを囲んで暫しお話しタイム。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
どうもありがとうございました!

181028_3.jpg


*最後のBBSが残っていました  『青春ラヂオ BBS』
posted by 吹雪 at 23:51| Comment(1) | 簡易レポ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2週間ちょっと経ちましたが
吹雪さんもお疲れ様でした
自分にとっては初めての青春ラヂオライブでしたが
隣がアギーさんで色々教えてもらったりして
より楽しむことが出来ました!
自分は木内さん出品のリボコンのマフラータオルを落札させて頂いたんですが目の前でサインを書いてくださる木内さんがめっちゃカッコ良かったです
Posted by たいぞう at 2018年11月13日 22:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください